写真管理による作業工程の見える化とデータベース構築による技術継承を実現

導入事例

ユーアイ精機は、1969年創業の自動車向けプレス試作品製造、金型製造や次世代産業向け「製品軽量化への素材加工技術」などの研究開発にも精力的に取り組む愛知県尾張旭市の製造メーカーです。自動車向けプレス試作品製造、少量品プレス量産製造や金型製造で多くの実績を持ちます。
会社サイト:http://www.yuai-seiki.co.jp/index.html

各作業者の作業手順を写真で整理し、作業工程と技術継承の見える化を図るために導入

同社では、ベテラン社員と若手社員が中心の人員構成で中堅社員が少なく、技術継承は喫緊の課題になっており、属人化していた作業内容を明確化し作業の標準化が求められていました。そのため、製造情報データベース構築により製造情報や技術者のナレッジ、自社の生産能力をデータベース化できる製造業の生産現場向けSaaS「Proceedクラウド」の導入に至りました。

<「Proceedクラウド」導入に至ったポイント>

  • 写真に部材と工程情報を紐づけして整理できる
  • 写真へのコメント機能により、技能継承の元となる、細かい製造上の勘所等の情報を蓄積できる
  • 「Proceedクラウド」をベースにコミュニケーションの促進が図れる
ユーアイ精機さま事例
作業工程の写真撮影の様子

今後はより難易度の高い工程において、作業手順の確認と標準化を行う

「Proceedクラウド」は写真を撮影して情報を選択するだけで各作業者の手順が明確になるので、手順書や要領書を作る前に、「誰がどのようなことをしているのか」の見える化が可能になりました。写真をきっかけになぜそのようなやり方をしているのか、各作業者にヒアリングを行うなどコミュニケーションをとり作業の標準化に成功しました。
比較的規模の小さな会社では頻度の低い不定期に発生する作業を蓄積することが技術継承には有効であると考えています。「Proceedクラウド」をベースにコミュニケーションを実現することで、ベテラン社員から若手社員への技術継承を無理のない形で実現していきたいと考えています。

Proceedクラウドとは>>

※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問合せ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました